NEW
知ってるようで知らない…薬局の歩き方・クスリの選び方

水素水ブーム、効果ゼロのインチキ高額商品が蔓延!死の危険も!水素は水にほとんど溶けない

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 しかも、零細のいかにもあやしい業者が細々と販売しているならまだしも、名だたる大企業が大手を振って水素水ビジネスに参入して、さも健康に良いかのように吹聴し、それを真に受けて喜んで買い求める人が多数いる現状を見ると、科学立国どころか理科の初等教育からの完全なる失敗を国全体で現すような醜態であると残念に感じます。

ペットボトル入り水素水には水素が入っていない?

 ともあれ、危険性や正当性について判断できるように、中学生程度の化学の話から説明していきましょう。

 まず、「水素が水に溶けている」というものと「電解水素水」の違いはなんでしょうか。

 水素は、ご存じのように常温常圧の状態では気体、ガスです。気体の時の水素を化学式で表すとH2で、水素元素同士が2つペアとなって「分子」と呼ばれる形をとっています。気体は液体に“多少”溶け込むことがあります。

 たとえば、二酸化炭素は比較的水に溶けやすく、たくさん溶けたものを炭酸水と呼び、ソーダ、コーラ、シャンパンなど、いまや喉を潤す飲み物として欠かせません。酸素もまた水に溶けます。酸素が溶けている水の中であれば魚は呼吸でき、密閉した水の中でエアレーション(エアーポンプなどで酸素を溶け込ませること)なしでは、次第に酸素を使い果たして死んでしまいます。

 しかし、水素は水にほとんど溶けません。1気圧(通常の気圧)、気温摂氏20度での飽和濃度(水に溶ける限界量)は1.6ppmとされています。ppmはパーセント(100分の1)より細かい単位で100万分の1という意味です。

 また、水素分子は極めて小さいため、ペットボトル入りの水素水は、充填時には水素が溶けていたとしても、店頭に並んでいる時には抜けている可能性が高いといえます。

 なぜなら、水素の分子サイズに比べるとペットボトルは分子が大きく、ザルの目のようなものだからです。ペットボトルを構成するポリエチレンテレフタラートは、便利なプラスチックで液体を保存できます。これは、ザルに米粒を入れてもこぼれないのと同じ理屈で、単純に液体の水分子のほうが大きく通り抜けられないからです(実は若干不正確な説明ですが、わかりやすくするため簡単に表現しています)。

 ペットボトルの容器を水素が通り抜けてしまうのは事実で、最近は薄いアルミニウムでコーティングがされたビニールや、マイラーフィルム(ポリエステルフィルム)製のボトル、アルミボトルなどが使われています。

 このように手間をかけた水素水は、通常の水よりも高値で販売されていますが、現時点で有意な効果は確認されていないので、飲む必要はありませんね。

 後編は電解水素水とイオンについて、頭の中の理科知識を整理し直しましょう。
(文=へるどくたークラレ/サイエンスライター)

●へるどくたークラレ
 覆面の不良科学屋。添加物を駆使した食欲の失せるカラフルな料理やら、露悪的で馬鹿げた実験を紹介していく、『アリエナイ理科ノ教科書』の著者、SFやミステリーの設定やトリックの監修も務める。こっそり大学でも教養課程で科学を教えていたりする。過去の連載をまとめた『薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬』は好評発売中。公演やテレビ出演なども多数。無料のメールマガジンも配信している。

水素水ブーム、効果ゼロのインチキ高額商品が蔓延!死の危険も!水素は水にほとんど溶けないのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事