写真はM氏が男性向けサービス店内に入る前、先の客についたAさんが部屋から出てくるところを撮影したものだ。

「このとき確信しました。小柄で長い髪はテレビでのキャラクターそのものでしたよ。こうしたお店で働くなら多少イメチェンするものかと思っていたので驚きました。客に『バイバイ』とあいさつする声が何より本人だということを伝えていました」(M氏)

 M氏はすぐに部屋を予約。ほどなくしてやってきたAさんは腰を降ろすと、メニュー表を手に説明してきたという。

「その中であるメニューをお願いしてみたのですが、『ごめんなさい、私、NGなんです』と断られました。でも、終始密着したお仕事には満足できました。非常に上手だったため、こちらが制限時間よりも早く終わってしまうと、『あっ、ごめんなさい。大丈夫?』と気遣われたのが印象に残っています」

 退店後はその行方が知れないAさん。今回の総選挙をどんな思いで見ていたのだろうか。
(文=編集部)

関連記事