NEW

斎藤佑樹、会社社長から高級外車&マンション供与発覚で「懲役刑」の可能性浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5年で14勝、期待はずれの斎藤佑樹

 2006年、早稲田実業学校高等部時代に甲子園で優勝して時の人となった斎藤選手。早稲田大学進学後に10年のドラフト1位でプロ入りするが、その後は右肩のケガという不運もあり、5年間で14勝と期待に応えているとはいいがたい。今季は、二度目の先発となった7月13日のオリックス・バファローズ戦で5回無失点と好投したが、昨年9月から未勝利が続いている。

 プロ野球選手への金品授受をめぐり、過去には複数の選手が登板禁止や罰金、厳重注意などの処分を受けている。今後、日本野球機構および日本ハムから、なんらかの処分が下されることはあるのだろうか。
(文=編集部、協力=山岸純/弁護士法人ALG&Associates執行役・弁護士)

斎藤佑樹、会社社長から高級外車&マンション供与発覚で「懲役刑」の可能性浮上のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、, , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事