堀北は結婚後に妊活に励んでいることを、社長にも秘密にしていたという。その時期は、社長が連絡を取りたくても堀北と直接連絡を取ることができず、事務所内部でもちょっとした混乱となっていたようです。堀北さんは不義理をできるような人ではありません。だからこそ、彼女が芸能界を引退して夢の幸せな家庭の主婦に収まるには、出産して育児に追われていることを理由に、自然とフェイドアウトしていく。彼女の理想通り『4人』も産むとなれば、仕事復帰しているタイミングもないですからね。

 現状、社長は業を煮やしているようですが、あまり無理強いをして堀北の機嫌を損ねないように気をつけているようです。下手をすれば、復帰どころか事務所を辞めてしまうことだってあり得ます。とにかく今は、出産まで静かに見守るつもりのようです」

 第1子妊娠が明らかになった今回、「女性自身」のスクープを受けて事務所は認め、山本は文書で発表するという対応に出たが、堀北自身からは文書ですら発表することはなかった。山本によるコメントも、「今後は出産および、その他プライベートな出来事に関しましては山本耕史及び所属事務所などから、ご報告申し上げることは、控えさせて頂こうと考えております」という文面で、安定期前に報じられたことに対する憤りがまじった表現だった。

 今後、堀北自身の言葉を聞ける日はこないかもしれない。
(文=編集部)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合