NEW
森由香子「間違いだらけの食」

ダイエット飲料やビール、こんなに人体に危険!重篤な病気や健康被害の恐れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに、ビールはプリン体も豊富なので、相乗効果で尿酸が大量につくられ、尿が濃くなり尿酸が結晶化し、石がつくられやすい状態になる可能性もあります。冷たいビールを飲みすぎれば、胃腸の働きが悪くなり、消化不良や下痢を起こします。二日酔いになれば脱水症状を起こし、尿酸値が上がる原因をつくります。

 ここまでの情報は広く知られているので、気をつけている方も多いでしょう。

 実はほかにも、まだ脱水の理由があるのです。ビールを飲むといつの間にか体が熱くなっていたと感じたことがありませんか。これは、血管が拡張して体温が上がるためなのですが、体は汗を出して体温が上がりすぎないように調節しています。

 たとえ、見た目にはわからなくても、汗として水分が体から失われているのです。暑い夏は、気温が高いことだけでも汗をかきやすくし脱水症状を起こしやすくします。まして、ビールを飲んで体が熱くなれば、さらに汗の量が増えて脱水症状に拍車をかけることになりかねません。

 ビールは、飲めば飲むほど脱水症状を起こしかねない要因が多いのです。水分補給になりませんので、くれぐれもご留意ください。

 暑い夏の時期、賢く水分補給をしてさわやかにお過ごしください。
(文=森由香子/管理栄養士)

ダイエット飲料やビール、こんなに人体に危険!重篤な病気や健康被害の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、連載、ビール熱中症脱水症状の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事