NEW
西山美紀「貯蓄スキルの高め方」

年収300万円でも婚活で勝つ男の共通点…独身女性は「収入」より○○重視?

【この記事のキーワード】

, , , , , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年収1000万円でも貯蓄100万円未満はNG!

 高収入の男性は女性から求められ、結婚が決まりやすいと感じるかもしれません。しかし、実際は「そうともいえない」と大西さんは語ります。

「年収1000万円以上の人でも、貯蓄がゼロや100万円未満だと、女性から『いったい、何に使っているの?』『結婚しても家計は火の車かも……』と不安に思われてしまいます。また、年収が高く、住宅を買っている男性も、結婚相手として敬遠されてしまう場合があります。それは、女性は『彼と一緒に家を決めたい』という願望があるからです。

 以前、『もしかしたら、この家は前の彼女と一緒に選んだのかも……』などと疑心暗鬼になって相談に来られた女性もいました。婚活中の男性は、家を買うより貯蓄をしておくほうが効果的だと感じます」(同)

 年収が高いと「いつでも貯められる」と思うかもしれませんが、そう思いながらも月日はどんどん過ぎていき、お金を使いすぎる癖はなかなか抜けないもの。もし、勤務先の会社に社内預金や財形貯蓄などの制度があれば、「月○万円」と決めて、確実に貯めましょう。そういった制度がない場合も、給与振込口座で自動積立定期預金を設定して、毎月強制的にお金を貯める仕組みをつくっておくといいでしょう。

「使いどき」を間違えると結婚も破談に

 とはいえ、「貯蓄が何より大事」というわけではありません。大西さんは、「お金の使いどきを間違ってはダメ」と言います。

「例えば、貯蓄がしっかりとある男性なのに、女性から『このウェディングドレスを着るのが夢だったの!』などといわれた時に『ドレスなんて、どれも同じに見えるし、そんなにお金をかける必要はないんじゃない?』と、定期預金をかたくなに崩さない人もいます。そんなスタンスが続くと『こんなケチな男とは一緒に暮らしていけない!』と、破談になってしまうこともあるのです。

『女性の夢をすべて叶えてあげてください』というわけではありませんが、『プロポーズ』『結婚式』『出産』など、女性の人生の一大イベントの時にケチる男性は頼もしく見えません。せっかく貯めたお金の使いどきは、まさにこの一大イベントです。

 ただし、あまりに出費が多いと思ったら女性の夢を否定するのではなく、『新婚旅行の予算も確保したいよね』『新生活のことも考えたいね』などと、ほかの夢をふくらませるような話をするのがオススメです。女性も『確かに、ほかのことにもお金を使いたいよね。このドレスは高すぎかな?』と考え、2人の納得のいく結婚式と新生活が送れるようになると思います」(同)

『となりの婚活女子は、今日も迷走中』 結婚相談所で起きている本当の話! 私、この本の原稿を読んだら結婚出来ました! ―30歳 書店員 年下男に捨てられる女、結婚できる女 SNSで自爆する女 インスタグラムで男の心をつかむ女……。 amazon_associate_logo.jpg

年収300万円でも婚活で勝つ男の共通点…独身女性は「収入」より○○重視?のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , , , , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

関連記事

BJ おすすめ記事