NEW
椎名民生「不動産ビジネス最前線」

やっぱり激安の宿は衝撃的にヒドい!汚れ&騒音地獄、冷蔵庫に残飯、トイレは紙なし

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 冷蔵庫を開けると、お徳用のペットボトルのコーラやビール、冷凍食品で満杯となっていた。プラスティックの保存容器には食べかけの食材が入っている。つまり、前宿泊者が利用した状態のまま残っているのだ。

 トイレに入ると、トイレットペーパーがない。メゾネットタイプ(複層住戸)で上階にも部屋とトイレがあるため、そちらのトイレにはあるかと思ったが、そこにもない。さすがに、ホストに確認のメッセージを送ったが、こういったときほどホストからの返事は来ない。

 以前、日本でエアビーを利用し、目的の場所には近いが、コンビニエンスストアからも遠く離れたマンションを借りたことがあった。その際に、エアコンのリモコンや時計などの電池がことごとく切れていて、ホストに問い合わせをしたものの返事はなく、遠くのコンビニまで行き、自腹で電池を購入した。ホストからは、後日「お知らせいただきありがとうございます」というメールが来ただけだった。

 そして今回も、同様に返事がない。さすがに当日のホテルを予約することも難しかったので1泊したが、翌日以降はキャンセルした。ベッドは気持ちが悪いのでソファーで寝た。1週目に、ソファーで寝るためにタオルケットを購入したのが、再び役に立った。

 教訓は、やはり男性がホストだと大ざっぱになりがちだ。ホストは女性の物件を選びたい。たとえ、写真が女性で実際には男性のホストだったとしても、女性の写真を掲げる程度の気を使っているという点を評価したい。

 実際に、比較的快適にすごせた1週目と4週目は女性ホストだった。

夜や週末はうるさい

 4週目は日本円で1泊7000円台の物件に泊まったが、こちらは快適だった。外見は古く、ハリウッドの青春映画に出てきそうな洋館のアパートで、エアコンはついていなかったので不安がよぎったが、天井扇がついていてゆったりとした時間が流れる。近くに教会があり、時計代わりの鐘が心地よく鳴った。

 問題は、配管が露出しており隣室や上下室などとつながっているために、その配管を通じて音が響きやすくなっていたことだ。携帯電話の着信音やテレビのBGMなど、響きやすい音は自分の部屋で鳴っているのかと思うほどだった。居住者が少ない時間帯はよかったが、人が増えてくると騒音が響くように聞こえるのだ。

やっぱり激安の宿は衝撃的にヒドい!汚れ&騒音地獄、冷蔵庫に残飯、トイレは紙なしのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事