NEW

顧客は必ず損をする!? 設計事務所社長が語る、不動産業界の悪しき仕組みとは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

――設計者の満足度が高いというのは?

鐘撞: 先ほど建築業界における分業の話をしましたが、まさにこの分業によって、設計者がお客様と直接コミュニケーションをとることが難しくなっています。

 そして、このような状況に悩んでいたという設計者が続々と、弊社へ転職してきているんですよ。設計者にとっての満足度が「顧客接点をもってモノをつくれるかどうか」によって左右されるという証明ではないでしょうか。

――最後になりますが、読者の皆様へメッセージをお願いします。

鐘撞: 繰り返しになりますが、お客様自身が「これは自分が考えたんだ」と思えるような痕跡をひとつでも多く残すことこそが、「理想の家づくり」につながると考えています。なぜなら、そういうことを一つひとつ積み重ねていけば、きっとお客様にとって愛着のある家ができあがると信じているからです。

 なので、諦めずに愛着のある家を建てるにはどうすればいいのかを、本書を通して知っていただければうれしいですね。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

顧客は必ず損をする!? 設計事務所社長が語る、不動産業界の悪しき仕組みとはのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、不動産業界新築設計事務所の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事