NEW

甲子園、公式曲のAKB起用に批判殺到で異常事態…使用ボイコットの系列局続出

文=編集部

 ちなみに、NGT48が発足した新潟など、AKBとの関係が深い地域は「光と影の日々」を使用しているようだ。

「公式ソングの“ボイコット”など前代未聞。業界内でもAKBへの抵抗感が強い、それ以上に同グループの影響力や支配力が落ちてきているということを物語っています。一時期はジャニーズ事務所と同様、全メディアを手中に収めつつあったAKBですが、本来味方であるはずのテレビ局にこうした“反乱”を許してしまったわけですから」(同)

 応援ソングにはケチがついてしまったが、球児たちは気にすることなく、全力で戦ってもらいたいものだ。
(文=編集部)

情報提供はこちら
RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合