NEW

不倫発覚の小倉優子・夫を襲う巨額慰謝料地獄…なぜ金額高騰?妊娠妻を裏切りの代償

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回の菊池氏の場合、

(1)小倉優子氏は妊娠中である
(2)不貞相手は同じ芸能事務所の女性である

という事情があるので、不貞の慰謝料は増額されることでしょう。

 さらに、菊地氏の不貞が原因で2人が離婚に至った場合には、「子供がまだ幼い」「社会的に注目された」という事情が考慮され、さらに慰謝料は増額されることでしょう。
 
 裁判例によりバラつきはありますが、今回のケースでは、「不貞が原因で離婚に至った慰謝料」としては500万円から600万円程度ではないでしょうか。

 よく芸能人の離婚ネタでは「慰謝料数千万円!」といった報道がありますが、これには誤解とカラクリがありますので、詳しくは、拙筆『上原さくら離婚、なぜ5億円慰謝料要求がゼロ円で成立?慰謝料の誤解とカラクリ』をご参照ください。

財産分与


 最後に、離婚に際する「財産分与」ですが、これは結婚後に増加した財産を2人で分ける、という制度ですので不貞は直接的には関係ありません。今回も、結婚後に購入したマンションや結婚後に増加した預貯金は、公平に2等分されることになります。

 蛇足かもしれませんが、私は弁護士のひとりとして、不貞をしようと考えている男性に、ぜひ以下のことを考えていただきたいと思います。

 上記のとおり、不貞だけでも200万円から300万円程度の慰謝料を支払わなければなりませんし、不貞が原因で離婚に至った場合となれば、500万円以上を支払わなければならない場合もあります。

 これに対し、不貞の経済的価値はどのようなものでしょう。

 自分の好みの顔で性格もよく美人で優しい、スタイルも良く博識で会話も楽しい、肉体関係も良好である、という女性がいたとして、1回の不貞の経済的価値は、果たして200万円もするでしょうか。
 
 つまり、「不貞をすることで得られる価値」と、「不貞をすることで失う慰謝料の額」を考えれば、不貞は決して経済的にスマートではないということです。恋愛はカネではない、と言われればそれまでですが。
(文=編集部、解説=山岸純/弁護士法人ALG&Associates執行役員・弁護士

不倫発覚の小倉優子・夫を襲う巨額慰謝料地獄…なぜ金額高騰?妊娠妻を裏切りの代償のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、不倫小倉優子慰謝料の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事