NEW

「目立ちすぎた」大渕愛子、不当報酬受領で「重すぎる処分」の怪…弁護士会を逆なでか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ところで、懲戒処分というものが弁護士に対する不利益処分である以上、どういう行為に対してどういう懲戒処分が下されるのか、あらかじめしっかりと明らかにされていないと、我々弁護士は困ってしまいます。

 そのため、弁護士には行動規範として「弁護士法」と「弁護士職務基本規程」があるのですが、実は、ほとんどの懲戒処分が「弁護士職務基本規定第6条に違反する」ことを理由とするものです。

 ところが、「弁護士職務基本規定第6条」には、「(略)常に品位を高めるように努める」としか書いてありません。

 それにもかかわらず、「事件の相手方を誹謗中傷した」「不倫した」「自分の彼女に依頼人の情報をバラした」「依頼人にセクハラした」「真面目に国選弁護活動をしなかった」「弁護士費用が高すぎる」などのほとんどが「品位を害した」ことを理由とする懲戒処分なのです。

 要するに、「君の行為は品位を害するから懲戒処分をする」ということなのですが、はっきり言って「何が品位を害するか」など、その人の思想や良心、生まれ育った環境などが影響するわけですから、一律に決められるものではありません。

 それにもかかわらず、弁護士会は、「品位を害した」ことを理由として弁護士を懲戒処分にすることができるのです。最近儲かっている弁護士、気に食わない発言をする弁護士、言うことを聞かない弁護士……。彼ら彼女らを「品位を害した」ことを理由に足をすくうことなど、簡単なのかもしれません。なんとなく、弁護士会の懲戒処分の恐ろしさを理解いただけたでしょうか。

誰にもわからない、弁護士の「品位」とは


 要するに、重鎮が集まる懲戒委員会が「品位を害した」と言えば、それが基準になってしまうわけです。もちろん、「横領」や「未成年者買春」などはそもそも犯罪ですし、とてもわかりやすい話です。

 しかし、特に「不倫した」「依頼人にセクハラした」「真面目に国選弁護活動をしなかった」「弁護士費用が高すぎる」といったことが「品位を害した」かどうかなんて、誰にもわかりません。

 かつて、橋下徹氏が「被告は、ドラえもんが生き返らせてくれると思っていた」という主張で弁護活動をする「光市母子殺害事件」の弁護人に対して、「みんなで懲戒請求をすべきだ」とテレビで呼びかけをしたことがあり、それが「品位を害する」ものであるかどうかが議論されたことがありましたが、自信を持って「品位とはこういうもの」などと説明できる人がいるはずありません。

 それにもかかわらず、「品位を害した」から懲戒処分できるということは、やろうと思えば「なんらかの力」を働かせるのは、十分にできるということです。

「目立ちすぎた」大渕愛子、不当報酬受領で「重すぎる処分」の怪…弁護士会を逆なでかのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、大渕愛子弁護士懲戒処分東京弁護士会業務停止橋下徹法テラスの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事