NEW
神樹兵輔「『縮小ニッポン国』のサバイバル突破思考!」

年収5千万の国会議員、大臣や大臣政務官等は追加で2千万…役職分のみで年17億円税金投入

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 副大臣と大臣政務官の年収を計算すると、11億6900万円にもなります。国務大臣分の5億5000万円と合わせると、人件費の総額だけで年間17億1900万円です。国民の税金が原資なら、いくらでも大判振る舞いできるゆえんです。民間企業ではありえない「税金の無駄」がはびこります。もちろん、これをマスメディアが批判的に報じることもないのです。

 こうした経緯を見てくると、「国家財政が危うい」というにもかかわらず、自分たちだけは平気で甘い汁を吸い続けるという「政治の本質」が見て取れます。こんな人たちが、口を開けば「身を切る覚悟が必要」「行財政改革」などと叫ぶのですが、口先だけで、まったくやる気がないのがよくわかります。

 今や、マスコミまでもが安倍政権とズブズブの癒着関係です。この道は、いつか来た道――ということになるのを、筆者は心底、怖れおののく今日この頃なのです。
(文=神樹兵輔/マネーコンサルタント)

年収5千万の国会議員、大臣や大臣政務官等は追加で2千万…役職分のみで年17億円税金投入のページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking

関連記事

BJ おすすめ記事