NEW

SMAP解散、テレビ局は安堵と歓迎「すでに賞味期限切れ」「険悪で番組成立せず」

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

本番中にも変な空気

 また、他のテレビ局関係者もこう漏らす。

「(香取)慎吾ちゃん以外のメンバーはすでに40代になり、アイドルグループとしての賞味期限は完全に切れています。それでも、なんとかテレビ局サイドが必死で“スゴいグループ”感を演出してきたといえます。番組でSMAPを起用すると、とにかくジャニーズからの細かい要求や注文が多いのに加え、メンバー間の関係も冷え切っているので、スタッフは気を遣って大変。特にここ1年ほどはメンバー間の関係悪化が目に見えるほど顕著で、たとえば昨年12月に生放送された毎年恒例のクリスマス特番では、本番中ですらメンバー同士で目も合わせず、明らかに険悪で変な空気が流れていました。

 それでもジャニーズという事務所との関係や、同特番や『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)など長年続く番組もあるため、SMAPを起用せざるを得ない。現場としては、後輩の嵐とは違い確実に視聴率を稼げるわけでもないのに、そんな苦労だけ強いられるのですから、いい迷惑ですよ。さらにIさんが辞めてからはコントロール不能状態で、解散してくれて本当に助かったと思っている関係者は多いはずです」

 こうした現場の声は、SMAPメンバーたちに届いているのであろうか。
(文=編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合