NEW

あなたの身だしなみは、あなたの人生&仕事の質を決定づける…外見で多大な損をする人

文=新田龍/株式会社ヴィベアータ代表取締役、ブラック企業アナリスト
【この記事のキーワード】, ,

対人印象が仕事の質に直結

 あなたがいくらダメージジーンズが好きでも、恋人に「そういうのは汚らしいからイヤだ」と言われたら、少なくとも一緒に出掛けるときには穿いていかないですよね。また、夏はいつもサンダルと短パンで過ごす人でも、高級ホテルレストランにはそんな恰好で行かないですよね。

 それと同じ配慮を、日々の仕事や生活で相対する人にもしてみましょう。この配慮は、あなたが会う相手のためだけではありません。あなたが訪れる場所や、そこにいる人の雰囲気を壊さないための心遣いにもなります。

 そういった配慮があなたにとって当たり前になってくれば、「いつどこで誰に会うかもわからないから、恥ずかしくない装いで行こう」と常に姿勢が改まり、気持ちも引き締まってくるのです。

 よく、「人は見た目が○割」とか「最初の○秒で印象が決まる」などと言われますが、これは単に清潔感の有無や、印象の良し悪しを判断しているだけではありません。その人の服装や身だしなみを見れば、普段どんなレベルの人と仕事をしているのかが、わかる人にはわかってしまうのですね。

 前述の知人のように、髪も短く刈り、ヒゲも剃り、時計の文字盤まで気を遣わないと会えないレベルの人相手なのか、Tシャツにジーンズ、アクセサリーをジャラジャラつけて仕事をしていても誰からも何も言われない環境にいる人なのかがわかってしまう、ということです。普段「相手目線で考えろ!」と言っている人でも、その装いを見るだけで、「有言実行」なのか「有言不実行」なのかがわかってしまいますね。

 何が良くて何が悪いというお話ではないですが、もし自分の心地よさだけで装いを選んでいる人は、たまには相手目線も意識されてみてはいかがでしょうか。あなたの身だしなみが与える対人印象が、仕事の質に直結しているかもしれません。
(文=新田龍/株式会社ヴィベアータ代表取締役、ブラック企業アナリスト)

※詳細は著者・新田氏の通算17冊目となる著書『30代で必ずはじめること、やめること』(明日香出版社)をお読みください。
【新田氏のコメント】
私自身の「経験」は、おそらく世間一般では特殊なほうに入るので、参考にならないかもしれません。しかし、私が得られた「気づき」については、多くの方のお役に立てる自負があります。少なくとも、人生を充実させるためのヒントにはなるでしょう。本書は、自身の30代を貫く葛藤の中から、試行錯誤と失敗と成功を経て体得した「行動要諦」です。これから30代になろうとしているあなたに、今日から「始めるべきこと」と「止めるべきこと」を具体的にお伝えしたい!という強い使命感をもって書き上げました。

あなたの身だしなみは、あなたの人生&仕事の質を決定づける…外見で多大な損をする人の画像3
新田 龍(にった・りょう):株式会社ヴィベアータ代表取締役、ブラック企業アナリスト。早稲田大学卒業後、「ブラック企業ランキング」ワースト企業2社で事業企画、人事戦略、採用コンサルティング、キャリア支援に従事。現在はブラック企業被害に苦しむ企業の防衛コンサルティングをおこなうとともに、ブラック企業や労働問題に関するコメンテーター、講演、執筆を展開。

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合