NEW
富家孝「危ない医療」

大橋巨泉さんは、不適格な医師に「殺された」のか? 在宅医療の危険な問題点が露呈

文=富家孝/医師、ラ・クイリマ代表取締役
【この記事のキーワード】, ,

 要するに使い方が問題で、単に患者の痛みを楽にするだけのために投与するというのは、医者の“おざなり診療”の典型だ。疼痛治療の本来の目的は、「痛みを軽くすることで生活の質を高める」ことにある。巨泉さんは、モルヒネ投与で体力を落とし、意識を失うまでになってしまったが、本来は逆である。疼痛治療により体力が回復し、日常生活が楽になっていなければならなかった。

 残念だが、巨泉さんの場合は、終末期に最悪の在宅医と日本の医療政策「在宅重視」の犠牲になってしまったというほかない。
(文=富家孝/医師、ラ・クイリマ代表取締役)

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合