NEW

博報堂、60億円の水増し請求疑惑!取引先が提訴…依頼無視し嘘連発、低レベルな仕事

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南部 先方には証拠がないので、口頭でいろいろ言い逃れをしています。それをきちんとこちらが説明していかなければならないのです。裁判外ではまだ言えないこともあります。そうした資料請求については、すでに5月から始まった裁判で行っています。

――「騙してやろう」という故意が立証できれば、詐欺として刑事告訴もできるのではないでしょうか。

南部 今までの博報堂さんの仕事、見積書、請求書などがずさんだったということは確かだと思います。取引先のみなさんには、「まず見積書を出していただき、それを当社が了承した上で仕事をやっていただき、請求書を出してください」とお願いしています。請求書は月末締めで翌月15日が締切です。博報堂さんの場合は、15日当日に私に請求書と見積書を渡して、勝手に「OKをもらった」と言っているのです。

 その場で見積書をみて判断などできません。その日のうちに請求書を出し、それを経理に持って行き、私が了解したと勝手に言って請求しているわけです。そんな仕事の仕方がありますか。ただ、詐欺に該当するかどうかは法律的な問題なので、これからしっかりと捜査当局と話をしながら考えています。

視聴率調査でも問題


――ほかにも、博報堂の問題行為はありますか。

南部 たとえば視聴率の調査です。この調査結果に基づき、CM広告を入れるかどうか、広告料をいくらにするのかを検討していくのですが、その視聴率の調査でも偽装があった。

――偽装というのは。

南部 どうも数字が水増しされていると疑問を感じたので、社員に調べさせたのです。一般的には3カ月の平均値を出してくるのですが、これをごまかすために最大値を出している可能性がある。そこで最大値を調べさせたら、やはりおかしかった。そこで片っ端から調べたら、すべておかしいわけです。電波の世界では9%と10%では価値が全然違います。それを偽装するというのは非常に大きな問題です。

――今後の動きは。

南部 まずは民事訴訟でしっかりとこちらの主張をしていきます。その上で何ができるか考えたいと思っています。最初はこちらもノーガードでたたかれっぱなしでしたが、それでも会社はしっかりと残っている。それは、こちらもまだやらなければならないことがあるということだと思っています。正しいことは正しいと主張したい。それが社長としての最後の仕事になるかもしれません。
(文=松崎隆司/経済ジャーナリスト)

●松崎隆司
経済ジャーナリスト。1962年東京生まれ。中央大学法学部を卒業後、経済誌出版社に入社。記者、専門誌編集長などを経て2000年1月に独立。 主な著書に『会社破綻の現場』(講談社)、『私が選んだ後継者』(すばる舎)、『教養として知っておきたい「昭和」の名経営者』(三笠書房)、『堤清二と昭和の大物』(光文社)などがある。

博報堂、60億円の水増し請求疑惑!取引先が提訴…依頼無視し嘘連発、低レベルな仕事のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、アスカコーポレーション博報堂電通の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事