NEW
連載
西山美紀「貯蓄スキルの高め方」

貯蓄ゼロの人ほど貯蓄しないと老後が危険!貯蓄が少なくても安心できる生活とは?

文=西山美紀/マネーコラムニスト
【この記事のキーワード】

, , , ,

貯蓄が少なくても安全なケースとは?

 30~40代になると、状況はさらに細かく枝分かれしていきます。「住んでいる家は持ち家か、賃貸か(または親と同居しているか)」「結婚しているか、独身か」「結婚している場合は共働きか、子供がいるか、子供の教育費はどれくらいかかりそうか(私立や留学などの進学を希望しているか)」「年間どのくらいのペースで貯蓄ができそうか」「将来は実家に戻る予定がありそうか否か(逆に、親への仕送りが必要になりそうか)」なども影響してきます。

 貯蓄が少なくてもやっていけるケースとは、どんなものでしょうか。例えば、「子供がいても親の家に3世帯で同居していて住居費の心配がない、その後もずっと住み続ける予定があり、転勤の可能性がほぼゼロ、子供はずっと公立志望、夫婦共働きで定年を延長して働こうと思っている」というケースが挙げられます。

 一方、「現在は賃貸住まいだけど、これから住宅を買いたい(しかも、けっこう高い物件)」「夫婦どちらかが仕事をすぐに辞めたいと思っている」「子供は中学校から私立に進学希望で、将来は留学もさせたい」というケースなら、しっかり貯蓄しておく必要があるでしょう。

今、貯蓄がない人ほど要注意!

 ただ、ひとついえるのは「現在、貯蓄がない人こそ、将来に向けて貯めておく必要がある」ということです。なぜなら、貯蓄がない人は、「入ってきたお金をすべて使いきる生活=必要なお金が多いタイプ」だからです。

 例えば、年間の手取り収入が400万円のCさんとDさんがいたとします。Cさんは貯蓄が0円、Dさんは毎年100万円貯めています。つまり、1年間に必要なお金は、Cさんが400万円、Dさんが300万円になります。

 もし、仕事を辞めることになったり収入が減ったりした際に、2人とも「今までと同じペースでお金を使いたい」と考えたら……より貯蓄しておく必要があるのは、Cさんだということがわかりますよね。

 現役引退後に向けて準備するお金は、貯蓄(現金)ではなく、確定拠出年金などのかたちでもいいでしょう。いずれにしても、現時点で貯蓄がない人ほど、将来使えるお金を今から準備しておく必要があるというわけです。

 このように、さまざまな条件や将来の方向性によって、準備しておくお金(=貯蓄)の実態は、かなり異なります。

 とはいっても、「同世代のみんなは、どのくらい貯めているの?」と、平均的な水準が気になりますよね。それは、次回で紹介します!
(文=西山美紀/マネーコラムニスト)

●西山美紀(にしやま・みき)
マネーコラムニスト。マネーや女性の生き方などをテーマに取材・執筆、記事監修などを行う。1万件以上のマネーデータを分析し、500人以上の貯まる人・貯まらない人へ取材。上手に貯めながら、人生を楽しんでいる人の共通項を研究している。「All About(オールアバウト)」では貯蓄ガイドを務める。男の子、女の子の2児の母でもある。ブログ「ライター&ファイナンシャルプランナー西山美紀のお仕事×子育てブログ

関連記事