黒木といえば“ワガママ”という印象しかありません。とにかく収録現場では自分が一番大事にされなければ気分を害してしまう。非常に扱いにくい女優です。ですが、今でも大人の女優としての色気があることは認めます。普段も好んでミニスカや下着が透けるブラウスなどを着用しています。ジムに通って肉体改造して、自信を取り戻したようです」(テレビ局関係者)

 黒木の魅力は衰えそうにない。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ