元タレントを女子アナにするフジの思惑

 実は、この内田アナ、入社直前までイトーカンパニーに所属していた元タレントだ。同社は、ともさかりえ、『とと姉ちゃん』(NHK)で三姉妹の次女役を演じていた新進女優・相楽樹らを抱える芸能プロダクションである。そして、内田アナのように元タレントの肩書を持つ女子アナはまだいる。

「内田アナと同期の三上真奈アナです。一時期は“ミカパン”と呼ばれていましたが、彼女もフジに入社する前は、関口宏が会長を務める芸能事務所『三桂』に所属するタレントでした」(同)

 かつての高橋真麻(高橋英樹の娘)や現在の藤井弘輝(藤井フミヤの息子)など、フジに2世アナが多いことは知られていたが、さらに芸能プロダクションとのつながりも強化するために、元タレントをアナウンサーに採用していたのだ。これでは、質の低下はまぬがれないだろう。そして、そのわりには、フジは自局のアナウンサーを重宝しないという。

「スペシャル番組で、企画書にMCのアシスタントとして想定されるアナウンサーの名前を書きます。仮に、その企画が通ったとしても、『(アシスタントの)アナウンサーを誰にするか』については一番後回し。結局、気づけば、たまたま空いていたような人が起用されていたりします。そうしたムチャクチャな人事が横行しているのです」(同)

 さらに、関係者はフジの内情について、以下のように続ける。

「23時台のニュース番組『ユアタイム』に市川紗椰という女性タレントを起用していますが、彼女は半年たっても、いまだに語尾が聞き取れず、また早口で何を言っているのかわからない。そんな人間を使うよりは、質が低下しているとはいえ、アナウンスセミナーに通っていた面々を起用するほうが、顔を売るという意味でも、よっぽどいいのではないでしょうか。

 また、元サッカー選手の永島昭浩氏もよく『噛む』ことで知られていますが、いまだに『みんなのニュースWeekend』のスポーツキャスターとして使われ続けています」

 このように、業界の人間から見ても疑問の声が上がるような起用を続ける限り、フジの信頼度と視聴率が上がることはないだろう。かつての栄華を取り戻すのは、いつの日になるのだろうか。
(文=編集部)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ