「最近は、医師が研究発表や研鑽のために集まる『学術集会』で、盛んに行われるようになりました。また、病院間で医師同士が実際に手術画面を見て、手術作戦を検討したりすることもあります。さらに以前は、家族のために手術の生中継を見せる病院がありましたが、今ではどうかわかりません。こうした公開手術は、手術中のトラブルに適切に対応できないのではないかという問題や、患者のプライバシーが守られているのかという問題もあり、禁止にすべしという議論もあります。ただし、医科大学内の限られた環境では、医学生に対する講義の一環として以前から行われています」(同)

 ちなみに、同ドラマ内におけるもうひとつの定番シーンとしては、目上の医師の指示を受けて「御意(ぎょい)」と答えたり、多くの医師が揃うシーンで「(ドラマ中の大学として)東帝大学、ばんざーい」とバンザイ三唱したり、100人以上に上る医師や看護師が大きな会議室に集まる「術前カンファレンス」のシーンなどが挙げられるが、これらは医師の間では“常識的行為”なのであろうか。

「基本的にはそんな光景はあり得ないでしょう。医師同士のジョークであれば許せるとしても、もし患者の前で言っていたとすれば、そんな病院には行かないほうがよさそうです」

 いずれにせよ、早くも本シリーズも“大ヒット”の予感がただよっている。
(文=編集部)

関連記事