NEW

92歳の直木賞作家が語る、「人の値打ち」が分かってしまう場所とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ◇  ◇  ◇

 佐藤氏は2014年、91歳にして長篇小説『晩鐘』を上梓。これが人生最後の作品と銘打っている。小説だけではなく、エッセイも含めて、そこに至るまでのさまざまな言葉たちが本書には詰まっているわけだ。

 40年、50年前の文章もあるというが、時代を感じさせないものがある。芯がぶれない佐藤氏の生き方に、潔さやあたたかさ、格好良さを感じる人も多いだろう。また、人間関係や生死について、気づかされることもたくさんあるはずだ。

(新刊JP編集部)


※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

92歳の直木賞作家が語る、「人の値打ち」が分かってしまう場所とはのページです。ビジネスジャーナルは、スキル・キャリア、人生訓佐藤愛子直木賞の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事