NEW
南清貴「すぐにできる、正しい食、間違った食」

自分で料理しないのは人体に危険!がんリスク増も…がん死亡者激増の要因は食の変化

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 果たして、これが本当の未来なのかどうか、どれくらい先の未来なのか、わかりかねます。したがって、私たちは今できることをやらなければならないと思うのです。それは、自分自身の食生活を見つめ直し、健康有益性の高い食事を日々実践すること以外にはありません。
(文=南清貴/フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事)

●南清貴(みなみ・きよたか)
フードプロデューサー、一般社団法人日本オーガニックレストラン協会代表理事。舞台演出の勉強の一環として整体を学んだことをきっかけに、体と食の関係の重要さに気づき、栄養学を徹底的に学ぶ。1995年、渋谷区代々木上原にオーガニックレストランの草分け「キヨズキッチン」を開業。2005年より「ナチュラルエイジング」というキーワードを打ち立て、全国のレストラン、カフェ、デリカテッセンなどの業態開発、企業内社員食堂や、クリニック、ホテル、スパなどのフードメニュー開発、講演活動などに力を注ぐ。最新の栄養学を料理の中心に据え、自然食やマクロビオティックとは一線を画した新しいタイプの創作料理を考案・提供し、業界やマスコミからも注目を浴びる。親しみある人柄に、著名人やモデル、医師、経営者などのファンも多い。

自分で料理しないのは人体に危険!がんリスク増も…がん死亡者激増の要因は食の変化のページです。ビジネスジャーナルは、連載、すい臓がんアルツハイマー病認知症の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事