NEW
片山修「ずだぶくろ経営論」

車ディーラー、存亡の危機直面か…ウーバー等のカーシェア拡大で収益源喪失の恐れ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーディーラーの根底になければいけないのは、“信頼”だと思います。クルマは安い買い物ではありません。“ここなら任せられる”と思っていただかなければ、買ってもらうことはできませんからね。ただし、信頼ということでいえば、ホンダのディーラーは必ずしも強くはありません。車の商品力にあぐらをかいてきた部分があったからです。車の商品力とは別のところで、この店で買いたい、この人と付き合っていきたいと思わせるようでなければ、将来の生き残りはむずかしいのではないかと思いますね」(寺谷氏)

 求められるのは、人材だ。しかし、ディーラーの人材をとりまく環境は必ずしもいいとはいえない。人口減社会に入り、優秀な人材を獲得するのは簡単ではない。

「いい人材を採用して、長期的な視点をもってしっかり育てていかなければなりません」(寺谷氏)

 ディーラーを取り巻く環境は、大きく変わろうとしている。自動運転が進展すれば、シェアカーはこれまで以上に増加するだろう。そして、新たなサービスが生み出される。クルマを大量につくって売るという、これまでのビジネスモデルが成り立たなくなるなかで、ディーラーは、これまでになく難しい局面に立たされているといわざるを得ないだろう。
(文=片山修/経済ジャーナリスト、経営評論家)

車ディーラー、存亡の危機直面か…ウーバー等のカーシェア拡大で収益源喪失の恐れのページです。ビジネスジャーナルは、連載、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事