NEW

辻希美、「10000万円」等ブログが意味不明で波紋…斎藤工やキムタクもおバカ露呈

文=編集部
【この記事のキーワード】, , , , ,

 SMAPの木村拓哉も、英語で手痛いミスを連発している。過去に『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)で「マイケル・ジャクソン」のスペルを「Michel Jakson」(正しくは「Michael Jackson」)と書いており、『笑っていいとも!』(同)のスペシャル番組では「ドラマの主役にしかない特権は?」という質問に「Love Seans」(正しくは「scene」)と回答。これらの逸話は「カッコ悪すぎる」「なぜ英字で書こうとするのか」と波紋を呼んでいる。

「木村といえば、09年の『NHK紅白歌合戦』でスーザン・ボイルに簡単な英語で話しかけたものの理解されず、通訳を介しての会話となって苦笑いを浮かべる様子が放送されました。スペルミスの件もあり、『英語は苦手なのでは』とささやかれています」(同)

カタカナが書けないプロ野球選手も存在?

 特殊な世界に生きているという点では、プロ野球選手も同じようだ。北海道日本ハムファイターズの中田翔選手は10月30日の『スポーツLIFE HERO’S』(同)に出演した際、「来年の野望を教えてください」と聞かれて「野望ってどういう意味?」と隣の大谷翔平選手に質問。大谷選手から「夢みたいなもんじゃないですか、目標みたいな」と教えられて回答していたが、大谷選手の失笑を買っていた。

 また、都内のドコモショップの元店員は以下のように語る。

「パ・リーグの某球団でタイトルを獲ったこともある有名選手が、夫人やお子さんと一緒に来店したときのことです。所属先にチーム名を書く際、漢字なのになぜかカタカナで書き始めようとして、しかも1文字目から書けずに困っていました。隣にいた夫人も『なんでカタカナが書けないの?』とさすがにあきれていました」

 一般のビジネスパーソンの場合は、数字のケタ間違いや誤字脱字が命取りにもなり得るため、気をつけたいところだ。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合