NEW

独身アラサー&アラフォー女子は、なぜやたらと「いい人がいない」と言うのか?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これは何も女性に限った話ではなく、男性も同じ。現代人は女性も男性も時間がなさすぎるんです。『お金がないから恋愛しない』というより、お金を稼ぐための時間を多く割かなくてはいけないから、恋愛まで手が回らないのが実情でしょう。時間がないから、恋愛の優先順位が下がってしまうのです」(同)

 そんな仕事に追われる日々を過ごしていれば、休日にも雑務が山積するし、たまの休日ぐらいゆっくり寝たいと考えるだろう。異性とデートするどころではないのだ。

現代人にとって恋愛は非効率的すぎる?


 また現代人には、ただでさえ時間がない上に、いくら恋愛したいと思っていてもなかなか理想の相手が見つからないという問題もある。

「都市部に限れば、趣味や食などの分野はニーズにこたえてどんどん細分化しているのに、恋愛市場はユーザーのニーズをまったく満たせていない現状があります。たとえば、まじめな人と出会いたいと思っても出会える場所がない。それこそ、根性論で相手を見つけるしかないのです」(同)

 つまり、現実世界で「ここに行けば、こういう人と出会える」という市場が構築されていないのだ。これでは忙しい現代人にとって効率が悪すぎるといわざるを得ない。

「そうした現状では、恋愛は効率が悪く、同じ娯楽なら趣味のほうが満足度も高いと考える人が増加するのは当然です。逆にいえば、効率が悪いから『恋愛』が切り捨てられる世の中になった、ということでしょう。今、恋愛市場でマッチングサービスが年々増えているのは、効率化を求めれば、結局そこに行き着くからです」(同)

 すでにアメリカの恋愛市場ではマッチングサービスが定着しているが、「今後は、日本でもこれまで以上にネット婚活が主流になっていく」と、おおしま氏。恋愛にまで効率化が求められるとは、なんともせちがらい世の中になったものだ。
(文=青柳直弥/ライター)

独身アラサー&アラフォー女子は、なぜやたらと「いい人がいない」と言うのか?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、女性婚活恋愛独身の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事