NEW

北島三郎、数百万の馬が9億獲得のボロ儲け…波乱連発の有馬記念、5年連続的中の「裏情報」?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャパンカップに続く表彰式が見られるか

3億円と年度代表馬を賭けた戦い

 2016年も残り2週間を切り、慌ただしくなってきた。12月25日はクリスマスであると同時に、1年を締めくくる国民的行事の有馬記念が行われる日でもある。経済的に見てもこの有馬記念の位置付けは大きく、馬券の売り上げはおよそ400億円に上ると予測され、その納税額は40億円と巨額だ。1996年には875億円を売り上げ、1レースの売り上げ最高額としてギネスブックに記録されている。今年は優勝賞金も昨年の2億5000万円から3億円にアップされ、勝った馬の馬主は80%の2億4000万円、調教師も3000万円が手に入るわけだから、競馬関係者にとっても大一番なのである。

キタサンブラックに視線が集まる

 注目されるのは武豊騎手が騎乗するキタサンブラックだろう。オーナーの北島三郎はご存じ芸能界の大御所で演歌歌手。同馬は今春に賞金1億5000万円の天皇賞を勝ち、秋には3億円のジャパンカップに勝利し、デビューからここまで9億4653万円を稼いでいる。有馬記念にも勝てば賞金総額は12億円を超え、日本中央競馬会(JRA)年度代表馬の最右翼となるのだ。しかも、同馬はもともと数百万円で購入したといわれており、まさにドラマのようなストーリーだ。レースに勝ったあかつきには、中山競馬場に北島の歌う「まつり」が響き渡り、競馬ファンもマスコミも大喜びとなるだろう。

 キタサンブラックに対抗するのが、ディープインパクト産駒の大物サトノダイヤモンドだろう。同馬オーナーの里見治氏は、現在「IR(カジノを含む統合リゾート)法案」で話題となっているカジノを誘致するために巨額の資金を投資しており、ある意味有馬記念どころではないかもしれない。

 カジノ法案には賛否両論あるが、海外ではカジノで馬券を販売している場所もあり、カジノと競馬は親和性が高い。カジノができた場合、将来的にはカジノとウインズ(場外馬券販売場)が合体することもあり得る話だ。

関係者しか知りえない究極の「裏情報」

 ところで、どんなに1年間嫌なことがあっても、年の終わりの有馬記念で馬券を的中させればスッキリするだろう。自分が応援する馬の馬券を買うのもよし、一攫千金を狙って大穴狙いをするのもよし。有馬記念は昨年三連単で12万馬券、過去にはほぼ100万馬券という高配当も飛び出しているレース。どんな実績馬でもコロッと負けることもあり、日本調教馬初の世界ランキング1位になったディープインパクトでさえ、13戦走った国内のレースで唯一負けたのが、この有馬記念だった。

 遊びで馬券を買うにしても、本気で馬券を買うにしても、大事なのはいかにして「的中に直結する核心の情報」を入手できるかにかかっている。いい加減なスポーツ紙の情報やアイドルや芸人の主観的な予想を参考にしても結果は見えている。

 競馬ファンにとってこの有馬記念は、1年の負けを「取り返す」場所、あるいは一年の利益を「倍にする」場所である。そして競馬ファンでない人にとっては、臨時ボーナス、あるいは自力で宝くじを的中させるビッグチャンスといえるだろう。そのためには最強の有馬記念情報を持つ「彼ら」の力が必要だ。

 彼らとは、5年連続で有馬記念を的中させ、さらに今年も混戦のジャパンカップもズバリ的中させている、まさしく業界最強の「競馬関係者OB集団」。彼らは元JRA調教師や元JRA騎手など、正真正銘の競馬関係者OBであり、競馬界の裏も表も知り尽くす存在である。

 彼らでなければ、波乱続出の有馬記念を5年連続で的中させるという芸当はできない。彼らがそれだけの実績を残せる理由は、「マスコミが知らない本当の話を関係者から聞くことができる」からだろう。スポーツ紙や競馬専門誌、あるいはテレビのインタビューで出る話は確かにひとつの情報ではあるが、そこに本音はほとんどないと言われている。

 多くの関係者は、レースを盛り上げるために誇張して話したり、調子が落ちている事実を公表しないこともあるという。また、たとえば意表を突いた「逃げ」を狙っている陣営が、その戦法を事前に公開することもあり得ない。さらに馬主から「人気が集まるのを避けるために控えめに話すように」と釘を刺される場合もある。こういった事情からも、マスコミに話さない「関係者の本音」、つまり限られた関係者しか知らない内部情報や裏情報は確かに存在するのだ。

 そんな裏情報が、この「競馬関係者OB集団」には集まるという。なぜなら、この集団に所属するのは、イシノヒカルやダイナガリバーで有馬記念を勝った増沢末夫(元JRA騎手・調教師)、名馬・マルゼンスキーの主戦騎手だった中野渡清一(元JRA騎手・調教師)、重賞38勝・通算752勝騎手の安田富男(元JRA騎手)、さらに境征勝(元JRA調教師)、平井雄二(元JRA騎手・調教師)を筆頭に元騎手、元厩務員や助手、馬主関係者や生産者、獣医など競馬界の大物OBがズラリと揃っているからだ。現役の競馬関係者と家族同様に過ごしてきた彼らのもとに「本音が寄せられる」のは当然といえよう。

騎手時代に有馬記念を2勝した増沢末夫氏

 有馬記念には、普段は競馬の取材に来ないメディアも多く取材に訪れるが、はっきり言って競馬関係者にとって迷惑な存在だ。そのため、取材の対応もいい加減になり、まったく論外で役に立たない情報や予想が、彼らを通じて世にあふれてしまう。その結果、多くの競馬初心者がその情報に惑わされて「当たらない馬券」を購入するという悪循環に陥ってしまう。

 結論をいえば、今年の有馬記念で馬券を買うのなら、彼ら「競馬関係者OB集団」が知る「関係者の本音」を知ってからでも遅くはない。幸いなことに、この「競馬関係者OB集団」は一般競馬ファン向けにも情報を公開しており、有馬記念に関しても「3連単馬券を含む情報を無料公開」するという。

「有馬記念で初めて馬券を買う」「とにかく有馬記念を的中させたい」「この有馬記念で一年の負けをプラスに変えたい」……このように考えるなら、マスコミの予想や情報は一切不要だ。大物競馬関係者が揃う「競馬関係者OB集団」が提供する「有馬記念3連単無料予想」があれば十分だ。
(文=編集部)

こちらから→「有馬記念3連単 無料予想」

※本稿はPR記事です。

北島三郎、数百万の馬が9億獲得のボロ儲け…波乱連発の有馬記念、5年連続的中の「裏情報」?のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、キタサンブラック北島三郎有馬記念武豊の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事