NEW
蒲谷茂「自分のからだは自分で守る」

ハンパなく苦しいノロウイルスの恐怖…吐しゃ物が空気感染、他の衣類と洗濯機は厳禁

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 予防法は、なんといっても手洗いである。外出から帰ったら、手洗いを習慣にしたい。手についたウイルスを洗い流す。ドアノブや手すりなどを触り、手にウイルスがつくことが多い上に、普段あまり意識していないが、何気なく手を口元に当てたりすることが実に多い。この時期、自分で自分のからだを守るにはまず手洗いである。
(文=蒲谷茂/医療ジャーナリスト)

●蒲谷茂
医療ジャーナリスト。1949年生まれ。立教大学卒業後、健康雑誌『壮快』の編集にかかわり、8年後に独立。多くの医療・健康に関する雑誌の編集・執筆、テレビ番組の企画・制作にも携わる。95年『大丈夫』(小学館発行の健康雑誌)の創刊編集長に就任。その後、30年以上にわたる経験や人脈を生かし、自分のからだは自分で守るための情報を発信し続けている。著書は、『民間療法のウソとホント』、『歯は磨くだけでいいのか』(共に文春新書)、『測るだけで大丈夫』(八重洲出版)、『死に至る病・チェックブック』『自宅で死にたい』(共にバジリコ)などがある。現在、八ヶ岳南麓に住み、FM八ヶ岳のパーソナリティもつとめている。

ハンパなく苦しいノロウイルスの恐怖…吐しゃ物が空気感染、他の衣類と洗濯機は厳禁のページです。ビジネスジャーナルは、連載、インフルエンザノロウイルス予防法の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事