NEW

たった30秒の時短料理レシピ動画サイトが大人気!ド素人でもつくれる!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「特にスマホで見る人たちに対しては、長い尺の動画は向かないので、大体すべてのレシピは30~40秒ぐらいの短尺になるよう心がけています。また、YouTubeユーザーは比較的ゆっくり観てくれるが、ツイッターユーザーは早いペースでほかのコンテンツに移ってしまうなど、各プラットフォームによってユーザーの属性も違います。それを踏まえて、各SNSに最適化するために同じレシピでもフェイスブックとインスタグラムの動画では、微妙な差ですが編集を変えています。

 料理の工程そのものは一切省かずアップしているため、なかにはどうしても40秒を超えてしまう動画もありますが、そもそも工程が多い料理は基本的にあまり取り上げません。まったくの初心者でもトライしたくなるような、しかもSNS映えする見た目で、思わずインスタグラムに上げたくなるような料理を意識して提案しています。こうしたこだわりが、結果的に短くて観やすい動画であり、簡単につくれる料理という評価につながっているのではないかと」(同)

専属のマイスターたちによる独自のレシピ

 ここまで聞いただけでも、今どきの若い世代に支持される理由がわかるが、他社のサービスと一線を画すmogooのこだわりはほかにもある。

 mogooは、管理栄養士やパティシエを中心とした専属の「mogooマイスター」による料理チームを社内に抱えているのだ。すべてのレシピは彼らの考案で、毎週約300案のレシピのなかから、絞りに絞った約50本が公開される。mogooの専属マイスターたちはそれぞれ、その道のプロなので、どのレシピも精度にムラが出にくい。その上、すべて閲覧は無料だ。では一体、どこで収益を上げているのだろうか。

「現状では、普段のコンテンツはすべて赤字です。収益を生んでいるのは、ときどきアップさせてもらっている、食品メーカーとのタイアップ動画です。毎日mogooのレシピを観ていただいているファンの方に向けて、たとえば『今日は、●●の昆布つゆを使った料理を紹介します』といった具合に商品を紹介します」

 そうした動画を見て、料理をつくってみようと思ったユーザーが、そのメーカーの昆布つゆを買うことを期待したタイアップだ。板本氏いわく、今後は「課金も含め、タイアップ以外のビジネスモデルも模索していく予定」とのことだが、できることなら、可能な限り無料を貫いていただきたいもの。類似サービスのなかでは一気に抜きん出た感のあるmogooが、今後どこまでシェアを伸ばしていけるか。若き社長の手腕に注目だ。
(文=青柳直弥/清談社)

たった30秒の時短料理レシピ動画サイトが大人気!ド素人でもつくれる!のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合

関連記事

BJ おすすめ記事