NEW

AVの雄・SOD、大量人材流出で「壊れかけ」危機…35歳の監督出身社長、大改革断行

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Thinkstock」より
 今年6月、アダルトビデオ業界の雄であるソフト・オン・デマンド(SOD)の社長に35歳の野本義明氏(野本ダイトリ)が就任した。1995年に同社が設立された当時、AV業界は大手メーカーによる寡占状態にあった。そこに、企画面や流通面から風穴を開け、急成長を遂げたのがSODである。


 設立から現在に至るまで、SODは多くのグループメーカーとともにAVビジネスを手広く展開してきたが、今回の人事によって新たなフェイズに突入することになったといえるだろう。突然の社長就任劇と今後のSODの方向性などについて、野本氏に話を聞いた。

「お前は大バカだから、社長やってみろ」


――野本さんは、SODクリエイトの所属だったんですよね。

野本ダイトリ氏(以下、野本) 僕はずっとクリエイトです。学生の頃からAV監督になりたくて、クリエイトに入社してADになり、監督として独り立ちして……という流れですね。監督として作品をつくりながら、制作も仕切るようになって、肩書きとしては「SODクリエイトの役員」でした。

――そこからSODの社長になるというのは異例です。

野本 3年前に創業者の高橋がなりが戻ってきて、「なんてつまらない会社になっているんだ」と言うのです。「SODから理念がなくなってしまい、ただAVをつくって売るだけの会社になっている」と。

 そこで、いろいろな改革を始めたのですが、その結果、営業部は全員いなくなり、役員や部長をはじめとする幹部も上から30人くらい辞めてしまった。大型の台風が来たみたいに、みんな吹っ飛ばされてしまったのです。まわりを見わたすと社内に誰もいなくなり、社長をやる人もいない。そんなとき、高橋に「お前は大バカ野郎だから、社長やってみろ」と言われまして。二つ返事でOKしましたよ。「はい! やります!」と(笑)。

――電撃的な就任劇ですね。

野本 そもそも、僕の監督デビュー作を面白がってくれたのが高橋でした。それからロケに呼んでもらったり、いろいろ声をかけてもらったりしていたんです。高橋がどういう考えで作品をつくっているのかを近くで見て、学ばせてもらいました。高橋はやっぱりカリスマなので、僕はどうやってもかなわない。そう思っていたら、高橋が「お前はまわりに人を集めて、それをまとめあげて戦えば、俺を超えられるかもしれない」と言うんです。「バカは大きく成長できないけど、お前は大バカだから化ける可能性がある」と。

――社長になる前は、ずっとAV監督としてやっていこうと思っていたんですか?

野本 僕はきちんと人生設計をするタイプで、「何歳までにこれを学び、5年目にはこれくらいの監督になっていなければ」と逆算してイメージしていました。AV業界は40歳で終わりにして、その後はカレー店でも開こうかなと思っていたんです。だから、突然社長になることになって、自分でも戸惑っている部分がありますね。

AVの雄・SOD、大量人材流出で「壊れかけ」危機…35歳の監督出身社長、大改革断行のページです。ビジネスジャーナルは、企業・業界、AVソフト・オン・デマンド社長経営野本義明の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!