NEW

SMAP、スマスマ最終回でも生出演できない事情…ジャニーズ、ファンの憎悪で想定外の事態

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
図=嶋名隆/イラストレーター

 最後まで解散の理由が本人たちの口から語られることはないのだろうか――。

 SMAPが 12月31日限りで解散する。大みそかのテレビ番組『NHK紅白歌合戦』出演を辞退したと報じられており、5人揃うのが最後となる26日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)も生出演しなかった。国民的グループが正式な挨拶なしのまま解散するのは極めて異例だが、テレビ局関係者が話す。

「1月の解散騒動後の『SMAP×SMAP』内におけるメンバーの謝罪が尾を引いています。あの生放送は、悪い意味でジャニーズ事務所の権力を見せつけるかたちとなり、メンバーは晒し者になった。それまでもファンはジャニーズ事務所に対して懐疑心を持っていましたが、あの生放送で不信感が決定的となりました。事務所とすれば、生放送を承諾してしまうと、何が起こるかわからないという怖さがあるのでしょう」

 これまでジャニーズ事務所は、テレビやスポーツ紙、雑誌というメディアに強い影響力を持ち、都合が良いように情報を操ってきた。出版関係者が話す。

「正月のジャニーズのコンサートにはメディア各社の担当者が集められ、『今年もよろしくお願いします』とタレントたちからアルコールを注がれます。本当は行きたくないけど、出席しないわけにもいかないし、踏み絵みたいなものです。仕方ないから顔を出すのであって、よほどのファンでない限り、正月には出たくないですよ」

 SMAPの解散に関して、ネットにおけるファンの声は大きく、ジャニーズも無視できないかたちとなっている。それに加えて、一般紙の報道は予想外だったという。

「これまではどんなグループの解散も、一般紙は芸能面で小さく扱うくらいでした。だが、SMAP解散をめぐっては社会面で大きく取り上げられています。これはジャニーズ側も大きな誤算でした。テレビ局や出版社と違い、新聞にはタレントが進出していないため、ジャニーズもコントロールできない。ジャニーズが恐れているのは一般紙が本気で解散の真相に迫り、その原因をつくったといわれるメリー喜多川副社長へ直撃取材などをすること。週刊誌は自社の出版社の他部門との兼ね合いでしづらいが、新聞社はしがらみがないので思い切れます。まして、夜討ち朝駆けは新聞記者たちの得意とするところですからね」(同)

SMAP、スマスマ最終回でも生出演できない事情…ジャニーズ、ファンの憎悪で想定外の事態のページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、SMAPジャニーズ事務所フジテレビの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事