NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

この大人気女優たちは今年「年女」だった!石田ゆり子、有村架純、尾野真千子…

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト

 1969年組では、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のキュートな演技が記憶に新しい石田ゆり子。主演ドラマ『コントレール~罪と恋~』(NHK)では禁断の恋に苦悩する姿と美しいベッドシーンで魅了した。

 主演を飾る華と、助演としての落ち着きを併せ持つだけに、あるドラマプロデューサーは「キャスティング会議で必ず名前が挙がる」と絶賛。おっとりとした印象だが、素顔はよく笑うがんばり屋さんで、「志を高く」という座右の銘を体現しているかのよう。透明感のある正統派美人だが、いまだ独身という謎めいたところも魅力のひとつだろう。

武井咲、きゃりー、小島瑠璃子…注目株は?

 そのほかの酉年生まれを見ていこう。

 2005年組には、鈴木梨央。1993年組には、武井咲、新川優愛、朝比奈彩、小島瑠璃子、佐藤美希、きゃりーぱみゅぱみゅ、山本彩。1981年組には、片瀬那奈、安達祐実、内山理名。1969年組には、鈴木杏樹、富田靖子、森高千里、横山めぐみ。1957年組には、大竹しのぶ、名取裕子、かたせ梨乃、戸田恵子。1945年組には、吉永小百合、宮本信子、松原智恵子、阿木燿子。1933年組には、黒柳徹子、草笛光子、若尾文子ら、魅惑的な名前が並ぶ。1993年組は現時点でも「豊作」だが、今年さらなる新星が誕生する可能性もあるだろう。

 その意味で最後に1人、私がひそかに期待している1993年組を挙げておきたい。彼女の名は草刈麻有。昨年、『真田丸』(NHK)での熱演で再び脚光を浴びた草刈正雄の娘であり、女優として着々と経験を重ねている。昨年はタメ口とセクシー衣装の姉・紅蘭ばかり目立っていたが、麻有の演技力こそ父親譲り。昨年は舞台主演を務め、今年も1月から『幕末グルメ ブシメシ!』(NHK BSプレミアム)にレギュラー出演する。

 ただ、彼女はすでに女優経験10年であり、2012年『主に泣いてます』(フジテレビ系)、2013年『モメる門には福きたる』(同)の強烈な演技で絶賛を集めていた期待株。年女となる1年を飛躍の足がかりにしたい。

 次回の「2017年注目の年男」もお楽しみに。
(文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト)

●木村隆志(きむら・たかし)
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』(フジテレビ系)、『TBSレビュー』(TBS系)などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)など。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ