NEW
林晋哉「目からウロコの歯の話」

歯科医の間違った治療で歯を失う危険蔓延!安直なブリッジで歯がまとめて抜け落ち

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そもそも、歯が抜けてしまった場合の治療に関して、選択肢がほぼブリッジのみという現状が写真のようなケースを引き起こしています。1本の歯が抜けた場合は、その部分だけを補う取り外し可能な1本義歯を選択するべきです。

 こうした提案をすると、頭から否定する歯科医がいますが、彼らに共通するのは、まともな1本義歯がつくる技術がないことです。歯科医は、安直にブリッジを選択せずに、両隣の歯を削ることのリスクを厳しく見つめて、安全な1本義歯ができないことを猛省すべきです。

 写真のケースも、はじめに1本義歯を選択していれば両隣の歯の寿命は違っており、患者さんの生活の質も、経済的な負担も違ったものになっていたはずです。

 すべてのブリッジが同じ末路をたどるわけではありませんが、リスクの少ない治療を第一選択にするべきです。筆者自身、右上に1本義歯、右下に2本義歯を入れて快適に使っています。
(文=林晋哉/歯科医師)

『歯科医は今日も、やりたい放題』


歯列矯正、インプラント、虫歯治療、歯石取り…患者のための“本当の治療”ってなんだ?歯科にかかる前に知っておきたい大事な話

amazon_associate_logo.jpg

歯科医の間違った治療で歯を失う危険蔓延!安直なブリッジで歯がまとめて抜け落ちのページです。ビジネスジャーナルは、連載、ブリッジ入れ歯歯周病の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事