NEW

メッキが剥がれた「キムタク神話」…新ドラマ、視聴率で「実質的には」草なぎに敗北か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所(撮影=編集部)

 SMAP解散後初となる木村拓哉主演の連続テレビドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系、日曜21時〜)第1話が15日に放送され、平均視聴率14.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)を獲得し、今クール(1~3月期)の民放連ドラ暫定トップに踊り出た。草なぎ剛主演の『嘘の戦争』(フジテレビ系、火曜21時〜)の同11.8%も上回り、元SMAPメンバー対決は、まず木村に軍配が上がったかたちとなった。テレビ局関係者が話す。

「『A LIFE』の14.2%が高いとは思えません。木村の前主演ドラマである『アイムホーム』(テレビ朝日系)の第1話は16.7%でした。『関口宏の東京フレンドパーク2017』や『モニタリング』などTBSの名物番組に出演して宣伝に奔走したものの、この結果では厳しい。2013年に同局の同じ時間帯で放送された木村主演の『安堂ロイド』の第1話は19.2%だったことを考えても、上々のスタートとはいえません。強い裏番組は『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)くらいで、しかも時間帯が重なったのは同番組の3時間スペシャルの最後の1時間。好条件のなかで14.2%という数字は、まったく高くありません」

 過去に『半沢直樹』『下町ロケット』など高視聴率ドラマを生んだTBSの日曜21時台にしては、むしろ低視聴率発進といっても差し支えないほどだ。

「むしろ、草なぎの『嘘の戦争』は健闘したといえます。昨年、フジの火曜21時台で初回2ケタを獲得したドラマは1本もなかったですからね。今のフジのドラマで2ケタを獲って、さらに第2話では12%へ上昇させたことは特筆に値します。表面的な数字ではなく、時間帯などを総合的に判断すると、『嘘の戦争』のほうが勝っているのではないかというのが、業界の見解です」

『A LIFE』は脇役に松山ケンイチ、竹内結子、菜々緒、木村文乃など主演クラスを並べており、絶対に負けられない戦いとなっている。

「勝負は第2話でしょう。ここで視聴率が下がるようなら、中盤には1ケタを記録する可能性も高くなる。そうなれば、インターネット系のメディアは一斉に“キムタク神話崩壊”と報じるでしょう。テレビ局も今はネットの反応に敏感になっていますから、いくらジャニーズ事務所のタレントであろうと、人気がないと判断されれば、徐々に使いづらくはなると思いますよ」

 SMAP解散騒動の際、当初はメンバー全員でジャニーズから独立する意向を固めたが、いち早く木村がジャニーズに残るという意思を示し、結果的にグループの解散を生み出したといわれ、木村は世間からは“裏切り者”というレッテルを貼られた。『A LIFE』は木村の今後の活動を占う大きな分岐点となりそうだ。
(文=編集部)

メッキが剥がれた「キムタク神話」…新ドラマ、視聴率で「実質的には」草なぎに敗北かのページです。ビジネスジャーナルは、エンタメ、A LIFESMAP木村拓哉の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事