NEW

高齢実力者がずっと実権を握り続けるキヤノンと富士フイルムとセコム

文=編集部

 燃費不正問題に揺れた三菱自動車工業は相川哲郎社長が昨年6月に引責辞任し、益子修会長が社長を兼務。日産自動車の資本参加を得て、再建に取り組むことになった。昨年10月、日産会長兼社長のカルロス・ゴーン氏が三菱自の会長を兼務することになった。益子氏はゴーン氏の強い要請で社長を続投したが、社内には益子氏続投に強い拒否反応がある。

 経営危機に陥っていたシャープは、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が買収。昨年8月、鴻海の戴正呉副総裁がシャープの社長に就いた。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合