目指すのは「理想の英語」ではなく「仕事でいますぐ使える英語」。英語学習というと思い出すのは受験ですが、当時のやり方と今必要なやり方は別物だと心得ましょう。

 ここでは、仕事で使える英語を習得するための心構えを中心に紹介しましたが、本書では習得のための実践的な方法や、使えるフレーズ、ビジネスの場で自然なフレーズも多数取り上げられています。

 「今年こそは英語を身につけたい!」と思っている人も、いつか外資系企業に転職したい人も、海外勤務を希望している人も、一読して損はない一冊です。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ