NEW

茶色で萎れたスーパーのレタス、再加工→再々加工で「新鮮さ」偽装?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食物繊維が多いのはレタスよりもキャベツ

 ちなみに、「食物繊維キャベツ1個分」と「食物繊維レタス8個分」、食品のパッケージなどにこのような表示があった場合、あなたはどちらを選びますか。実は、どちらも同じ量なのです。

 食物繊維の1日当たりの摂取目標量は、18歳以上では男性19グラム以上、女性17グラム以上とされています。レタス1個に含まれる食物繊維量は約2.5グラム、キャベツ1個に含まれるのは約19グラムですので、キャベツ1個が1日の摂取量に相当します。

つまり、食物繊維をとりたい場合には、キャベツがオススメです。
(文=河岸宏和/食品安全教育研究所代表)

茶色で萎れたスーパーのレタス、再加工→再々加工で「新鮮さ」偽装?のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、, , の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

Ranking
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合
BJ おすすめ記事