NEW

小池百合子都知事、容赦ない「自民潰し」の緻密戦略断行…森&石原との対決先鋭化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
小池百合子東京都知事(Rodrigo Reyes Marin/アフロ)

 小池百合子都知事の言動が、注目を集め続けている。

 1月16日、日本記者クラブの新年互礼会員懇親会で、東京五輪の公式グッズ「東京染小紋風呂敷クロス」を首に巻いて登壇し、「組織委員会の森さん、文句ばっかり言ってますけども、私はちゃんと組織委が稼げることを考えている。この『器の違い』をぜひ感じていただきたい」と、皮肉たっぷりに語った。

 かと思えば同20日の定例記者会見では、豊洲市場の土地購入をめぐる住民訴訟に関して、購入当時の都知事、石原慎太郎氏に賠償責任はないとしていたこれまでの都の方針を見直すと表明。

 森氏、石原氏といった“大物”相手に立ち向かう姿勢を示したが、これはすべて夏の都議選に向けた計算だと、永田町関係者は指摘する。

「小池氏はこれまで東京都議会自民党を相手に“闘う構図”をつくり、支持を得ていました。しかし、東京五輪の競技場問題は落ち着き、今度は周辺県の費用負担の問題が発生。築地市場の豊洲移転についても、都民の食の安全や築地で働く人たちの生活をどう守っていくのかという問題もからみ、複雑化してきました。これまでの都民からの支持を維持するには、新たな対立構図をつくる必要が出てきたということでしょう」

 一方、都議選対策も着々と進んでいる。1月7日には小池氏が主宰する勉強会「希望の塾」政策立案部会の筆記試験が実施され、1600人が受験した。都議選候補やその政策スタッフを選ぶためのものである。それに合格した者は、1月下旬から3月中旬にかけて特別講座を受講する。その講座で講師となる選挙プランナーはこう語る。

「選挙についてのイロハから戦略を叩き込むカリキュラムで、1回3時間におよぶ濃い内容です。候補者に選ばれた者は、パートナーをひとり連れてくることが条件です」

 選挙は候補者ひとりでは戦えない。陣営を取り仕切るスタッフ、つまり参謀も必要だ。その要となる人間も一緒に講義を受けさせ、選挙対策を学んでもらうという企画である。

緻密な戦略


 とはいえ、都議選では小池陣営はさほど当選せず、結局都議会自民党が強さをみせるとの声もある。候補者が落下傘候補だったりタレント候補だったりすれば、賞味期限は短く、有権者はすぐに見限るとの見方があるからだが、前出・選挙プランナーはこう語る。

小池百合子都知事、容赦ない「自民潰し」の緻密戦略断行…森&石原との対決先鋭化のページです。ビジネスジャーナルは、ジャーナリズム、小池百合子東京オリンピック・パラリンピック都議選の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事