NEW

日本独自の「バレンタインにはチョコ」、なぜ広まった?森永、メリー、モロゾフを直撃!

文=森井隆二郎/A4studio

「31年8月に創業したモロゾフは、神戸市でチョコの製造をスタートさせました。港町である神戸市は西洋文化の洗礼を受けていましたし、だからこそ弊社は“おしゃれでハイカラなチョコ”の製造を実現することができたのです。

 日本で初となるバレンタインチョコを32年に発売したのも弊社で、当時のカタログにはハート型の容器にファンシーチョコを入れた『スイートハート』や、バスケットに花束のようなチョコを詰めた『ブーケダムール』といった商品が掲載されています。

 弊社の創業者は、欧米には2月14日に贈り物をする習慣があることをアメリカの友人から聞いていたのです。そこで、その素敵な文化を日本に広めるべく尽力し、36年には『ジャパン・アドバタイザー紙』に日本初のバレンタイン広告を打つことになります。同年に起きた二・二六事件を発端に国民の生活に戦争の影が落ちるなか、弊社は愛とロマンに満ちたメッセージをチョコに託したというわけです」(モロゾフ広報担当)

 さらに、モロゾフは「バレンタインデーの正しい起源を紹介することにも、積極的に取り組んでまいりました」という。

「バレンタインデーの真のルーツを探っていた弊社は、84年にイタリアのテルニ市にたどり着きました。兵士の結婚が禁じられていた古代ローマにおいて、テルニ市にある聖バレンチノ教会の司教は、皇帝の逆鱗に触れながらも恋人たちの結婚式を次々と敢行したのです。

 やがて司教は処刑されてしまいましたが、彼の命日である2月14日こそ『愛の日』として、後世に伝えられることになりました。弊社はテルニ市や聖バレンチノ教会との親交を深めながら今日に至っており、2010年2月には、バレンタインデー普及活動に対する感謝として、テルニ市からトロフィーをいただいております」(同)

 これを受けて、神戸市にもコメントを求めたところ、モロゾフとテルニ市の交流は同市の振興にも波及していることがわかった。

「神戸市は、テルニ市と1986年から交流があります。2013年には阪神電鉄御影駅の南側に、神戸市が日本のバレンタインデー発祥の地であることを記念したバレンタイン広場を整備し、テルニ市のジローラモ市長を迎えて記念式典を開催いたしました。毎年、バレンタインシーズンには神戸港のシンボルである神戸ポートタワーの集客を狙って『ハッピーバレンタイン』と名付けたイベントを開催しております」(神戸市市民参画推進局広聴課)

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合