そもそもセブンはエリアフランチャイズ制を導入していない。前出・日経新聞のインタビューでは、地元企業の協力をどういったかたちで取り付けるつもりでいるのかがまだ見えていない。

 手っ取り早いのはファミマやローソンの店舗を切り崩すことだが、長年のしがらみは当然あろうから、セブンの商品がファミマやローソンの商品よりも圧倒的に優れていることが絶対条件になる。業界地図が塗り変わるのかどうかがみえてくるのは、もう少し先になりそうだ。
(文=伊藤歩/金融ジャーナリスト)

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ