健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレスより】

492150799.jpgインフォームド・コンセントは「言うはやすく、行なうはかたし」(shutterstock.com)

 「インフォームド・コンセント」や「インフォームド・チョイス」がもっとも進化している乳がん治療の現場では、乳がん告知のあと、生命予後や治療成績、その副作用・後遺症が説明されつつ、いくつかの「治療の選択肢」が提示される。

 そして、医師に「来週までに、ご自分で決めてきてください」と言われる。

 たしかにマニュアル通りなのだが、これでは知識に乏しい患者にとって、あまりに酷な要求である場合が少なくない。パニック状態に陥る患者さんがいても、ちっとも不思議ではない。

実態は、<よくわからないが同意しないと先に進まない>

 インフォームド・コンセントは「言うはやすく、行なうはかたし」が実態に近い。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ