NEW

ネイティブに誤解される!? 日本人が言いがちな残念な英語フレーズ

新刊JP
【この記事のキーワード】, ,

 断るときは、最初に、「I’m afraid…」もしくは「I’m sorry …」をつけて、「すみませんが…」「申し訳ありませんが…」という気持ちを伝えます。この場合なら、

I’m afraid I can’t.

 「申し訳ないけど、無理そう」と言うと、関係性にヒビが入ることなく上手に断ることができます。

 このように、学校で習った「正しい」英語をそのまま使ってしまうと、場合によっては、自分の印象を悪くしてしまうことも……。

 そういった事態を避けるためにも、せひとも読んでおきたいのが『mini版もしもネイティブが中学英語を教えたら』(デイビッド・セイン著、アスコム刊)。「ネイティブと英語で話したい!」と思う方は、ネイティブのリアルな視点から、中学英語のポイントをおさらいしてみてはいかがでしょうか。

(新刊JP編集部)

※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合