食べ物・飲み物と薬の相互作用にも危険が!

 ところで、ごく一般的な食品のなかにも、薬との「食べ合わせ・飲み合わせ」が良くないものがあることをご存じだろうか。

牛乳×抗生物質、骨粗鬆症薬、便秘薬など

 胃を保護する目的で、意識的に薬を牛乳で飲む人もいるだろう。しかし、抗生物質や骨粗鬆症の薬を牛乳で飲むと、カルシウムやマグネシウムと薬が結合してしまい、効き目を低下させてしまう。また、便秘薬も胃のむかつきなどの副作用が出やすく、薬効も弱まるので要注意だ。

グレープフルーツジュース×降圧剤、高脂血症治療薬など

 グレープフルーツの成分が肝臓での薬物代謝を阻害し、薬物の血中濃度を上昇させてしまう。結果として、薬が効きすぎて血圧が下がったり、頭痛やめまいなどを引き起こしたりすることがある。

コーラ×解熱鎮痛剤

 アスピリンは、炭酸ガスによって胃の中が酸性になると吸収が悪くなり、効果が半減してしまうことがある。解熱鎮痛剤のなかでもアスピリンが主成分のものは、コーラなどと一緒に服用するのを避けよう。

納豆、クロレラ×ワルファリン(抗血栓薬)

 納豆菌やクロレラ、青汁などに豊富に含まれるビタミンKには、血液を固める作用があり、ワルファリンの効果を弱めてしまう。そのため、薬を飲んでも血液がサラサラにならず、血栓ができやすくなって危険だ。

チーズ、アボカド、赤ワイン、ビール×抗うつ薬

 これらの食品には、「チラミン」という物質が多く含まれている。抗うつ薬や抗不安薬は、このチラミンの分解を妨害するため、チラミン中毒(顔面紅潮、頭痛、急激な血圧上昇など)を発症する可能性がある。

 これらは、ほんの一例にすぎない。せっかく薬を飲んでいても、食べ物や飲み物との組み合わせで効果が半減したり、効き過ぎて危険を招いたりすることもある。

 薬の飲み方に疑問があれば、医師や薬剤師によく聞くこと。また、救急箱にある市販薬についても、一度じっくり取扱説明書を読むことをお勧めする。

参考:
一般社団法人くすりの適正使用協議会「くすりと食品の相互作用」 https://rad-ar.or.jp/use/guidance/interaction/index.html
一般社団法人宮城県薬剤師会「お薬のあれこれ」http://www.mypha.or.jp/drug/mutual.html
医薬品間や医薬品と食物 http://www.toyama-kusuri.jp/ja/members/lectures/document/nomiawase/nomiawase.pdf

(文=ヘルスプレス編集部)

※初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

情報提供はこちら
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合