NEW
企業・業界

東京都がひた隠す、職員限定の「大幅値引き」買い物制度に2億円税金投入…閲覧要求を拒否

文=深笛義也/ライター
【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そうたたみかけても、返答は同じだ。 東京都庁職員労働組合に連絡しても、見せられないとのこと。知人に都職員の家族がいたので訊いてみたが、「見たことはあるが、今持っていない」とのこと。 東京都の職員なら誰でも持っているはずのものが、どうしても手に入らない。都民に対しては、それほど禁断の書なのだろうか。

 今一度、東京都人材支援事業団のホームページで資料をたぐっていくと、基本財産は東京都から2億円が出資されていることがわかった。

「都民の税金が投入されている団体でつくられている冊子を、都民が見られないのはどうしてですか?」

 改めて東京都庁に連絡して言うと、東京都人材支援事業団から連絡が来た。『IBUKi』を渡すことはできないが、閲覧をさせてくれるという。

大幅値引きのオンパレード

 東京都人材支援事業団は都庁から新宿駅を挟んで反対側、歌舞伎町にある「ハイジア」というビルにある。都庁から1キロほど離れた場所だ。

 閲覧をしに来たことを告げると、男女2人の職員が現れ『IBUKi』を差し出した。1月1日発行の「2017年1号」。通巻では「310号」となる。ごく薄いパンフレットだ。

 筆者が『IBUKi』をめくり始めると、その2人の職員が同じテーブルに付いた。男性と女性は上司と部下であることが窺えた。私が見るのと同じページを女性職員は開いて確認する。冒頭の都庁職員の「8%程度の割引」というのは、真っ赤な嘘であることがわかった。

【値引きリスト】

・積水ホームテクノのユニットバス:57%オフ
・東京ガスリモデリングによるリフォーム:50%オフ
・有楽町にある新出時計店のダイヤの指輪、パールネックレス:50%オフ
・小田急百貨店(新宿店)の紳士服:20%オフ
・同店のタオルギフト、寝具ギフト、食品ギフト:5~20%オフ
・同店の宝飾品:5~10%オフ
・京王百貨店(新宿店・聖蹟桜ヶ丘店)の紳士服、宝石、貴金属、メガネ:20%オフ
・松屋銀座店のフランスベッド:20%オフ
・同店でeddyの牛革のランドセル:32%オフ
・久月と吉徳の各店で人形:20%オフ
・京王運輸による引っ越し:20%オフ
・JTB首都圏都庁内店で、沖縄3日旅行を申し込むと、通常価格5万7800円~12万4300円が、都職員なら5万2100円~11万3500円
・日本旅行都庁内支店でニュージーランド6日旅行を申し込むと、通常価格42万2900円~49万9900円が都職員なら38万610円~44万9910円
・大竹しのぶが歌う、1月26日開催の新日本フィルハーモニー交響楽団第568回定期演奏会は、S席8000円が7000円に、A席7000円が6300円に
・サンリオピューロランドの入場料:大人3800円が2000円に

 フリーの多目的ローンも安い金利で利用できる。

関連記事