NEW
中村芳子「お金のことで苦労せず、人生を楽しむためのお金の基本」

住宅ローン返済で生活困窮→「危険な借金」リボ払い&消費者金融地獄にはまる人々

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(3)大きな借金

 節約に努め、光熱費も節約し、やっとの思いで頭金を貯め、夢にまで見た念願のマイホーム。

 住宅ローンは、価値のある資産を買うためのものだから、前向きの借金といわれます。一方、食べ物、着るもの、旅行など消費のためのローンは、本来してはいけない借金です。

 この前向きの借金も、「借りすぎはその後の生活をどんどん苦しくします。賃貸に住んでいたときの家賃が10万円だったからと、月10万円の返済プランで借りてしまうのは危険。修繕積立金や管理費で月3~4万円、固定資産税が年15万円と、年60万円以上の出費増になることも。変動金利で借りたローンの金利が、将来上がって月の返済額が3万円以上アップする事態もあり得る。そうすると、毎月の生活費が足りなくなって、消費者金融やクレジットカードのリボ払いに走ってしまう人が多い。くれぐれも気をつけて。

老後貧困にならないために


 以上のように、借金とは恐ろしいもの。真面目に生きて、働いて、貯金をしたいのに、毎月のリボ払いの返済、消費者金融の返済、大きすぎる住宅ローンがあると、貯金できないのが現実。ファッション雑誌やモノ雑誌などを愛読している読者は、消費が膨らみすぎてローンに頼る傾向が強いので、特に注意してください。

 繰り返しになるが、老後貧困にならないためには、今回挙げた危険な借金を一切しないこと。そして、住宅ローンを借りすぎないことだ。

 すでに借金がある人は、次のことを実行しよう。

(1)1日も早く返してしまう
(2)2度と新規で借りない
(3)簡単に返せそうにないとき、住宅ローン以外で年収の3分の1以上の借金(リボ残高含む)があるときは、1日も早く専門機関や専門家に相談する

 借金を抱えてしまうと、老後貧困への道をどんどん進んでいくことになります。今、借金フリーになれば、少しずつ貯金を増やして貧困から遠ざかることができます。今ほど簡単に借金できる時代は、かつてありませんでした。借金が見えづらくなったことも、恐ろしい。老後貧乏にならないために、「安易に借りることなかれ!」。
(文=中村芳子/アルファアンドアソシエイツ代表、ファイナンシャルプランナー)

※個人のお金に関する悩みに回答する「FP相談」を承っています。FP相談、および本記事に対するお問い合わせはこちらへ

住宅ローン返済で生活困窮→「危険な借金」リボ払い&消費者金融地獄にはまる人々のページです。ビジネスジャーナルは、連載、クレジットカード払いリボ払い住宅ローンの最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事