コーチや監督の意思統一ができていないと、一人の選手に対して複数の指導者が相反することを教えてしまうことになりかねない。これは選手の将来を考えるとマイナスしかない。また、論理的な裏付けも、当然指導者には必要なものだ。

 WBCは惜しくも準決勝で敗れてしまったが、プロ野球はこれからが本番。一軍の試合だけでなく、本書を読んで二軍の試合にも足を運んでみてはどうだろう。調整中のベテラン選手や将来有望な若手選手、二軍ならではのおもしろさやプロの世界の厳しさを見ることができるはずだ。

 また、田口さんは日本経済新聞電子版にて「2軍監督 田口壮!」、ほぼ日刊イトイ新聞にて「野球の人・田口壮の新章 はじめての二軍監督」を連載中。野球だけでなく、文筆の才能も発揮しているので、こちらにも注目したい。

(新刊JP編集部)
※本記事は、「新刊JP」より提供されたものです。

情報提供はこちら
RANKING
  • スキル・キャリア
  • ビジネス
  • 総合