NEW

医療費を多くかけるのは「ヤブ医者」?医療費が少なくても再入院率や死亡率に差はなし!

文=ヘルスプレス編集部
【この記事のキーワード】,

米国のChoosing Wisely(賢い選択)キャンペーン

 メディケアでは19年から、医師の実施した医療の費用対効果により報酬を支払うとしており、病院に対しては疾患ごとの包括払い制度の導入も検討されている。

 米国の医療費専門家である米ジョンズ・ホプキンズ大学ブルームバーグ公衆衛生学部(ボルチモア)教授のGerard Anderson氏は、著者らの見解に同意し、医師による医療費全体を見直すべき時期に来ていると指摘している。

 米国では10年ごろから、「米国内科試験委員会:American Board of Internal Medicine(ABIM)」が中心となって、不要であるばかりか有害でさえありうるような治療介入の一覧を示すChoosing Wisely(賢い選択)キャンペーンが始まり、60以上のアメリカの専門機関が14年末までに一覧を公表する動きとなった。

 また、イギリスは国家戦略として、死亡の増加につながる不要な抗精神病薬の使用を低減してきたことを13年のG8認知症サミットで報告している。

 もちろん、こうした医療費の無駄をなくす動きは日本でもわずかながら出始めているが、国民皆保険制度とその基本となるフリーアクセスの保障と医師の応招義務があるため、非常に多い外来の受診数軽減のほうへと改善点の軸足が移されてきた。

 医療費削減にはまず医療資源の効率的な役割分担と患者の振り分けだ。

 16年4月から始まったのが、大病院を紹介状なしで初診を受ける場合は5000円(歯科の場合は3000円)以上、他の病院・診療所への紹介を受けたにもかかわらず、再度同じ大病院を受診する場合は2500円(歯科の場合は1500円)以上の特別の料金を、診察料とは別に必ず支払う制度の導入もそのひとつだ。

 しかし、初診負担額が数千円増えたところで患者の流れを決定的に変えるような効果を生み出してはない。

 現状の国民皆保険制度を維持していくのであれば、今回の調査のよう医療費の対費用効果や無駄な医療の洗い出しや公表など、医療の提供側のしっかりとした評価や検証が必要だ。
(文=ヘルスプレス編集部)

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合