NEW

『ミヤネ屋』と宮根誠司、視聴率瀕死…バーニング寄り偏向報道&高額ギャラでうるさいだけ

文=編集部

「彼の所属事務所は、テイクオフ。羽鳥慎一や田中みな実も所属している芸能プロダクションですが、ここは“芸能界のドン”といわれ、業界で幅を利かせている周防郁雄氏が社長を務めるバーニングプロダクションの系列です。バーニング系は、自社もしくは系列会社にとって不都合な事実はすべて“かん口令”を敷くか、必要以上に“擁護”する体質で知られています。レプロもバーニング系ですから、宮根も、その犬としてレプロの不満分子を叩き、身内をかばっているのです」(芸能記者)

 つまり、宮根と『ミヤネ屋』の“都合のいい報道精神”に反発している視聴者が、裏番組に流れている可能性もあるというのだ。

松本人志や坂上忍とダブる宮根のポジション

 まるで“お茶の間の代弁者”のように、日々カメラの前に立つ宮根。しかし、そこに“ジャーナリズム”などないのではないだろうか。前述のような姿勢では、結局、保身と1日60万円ともいわれるギャラのためと思われても仕方がない。だが、それ以上に問題視すべき点がもうひとつあるという。

「それは、芸能ワイドショーが増えているということです。既存の番組に加えて、最近は『ワイドナショー』(フジテレビ系)や『バイキング』(同)などもあり、いわば飽和状態。さらに『爆報!THEフライデー』(TBS系)や『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)といった芸能人の告白番組も人気を集めています」(同)

『ミヤネ屋』に限らずテレビ全体の問題ではあるが、ときに笑いを交えながら政治に斬り込む宮根のポジションは、『ワイドナショー』の松本人志や『バイキング』の坂上忍とダブる。宮根の存在感は、決して唯一無二ではないということだ。いずれにしても、『ミヤネ屋』の今後の視聴率が楽しみである。
(文=編集部)

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合