NEW

アントニオ猪木が74歳の誕生日に4度目の結婚! 相手は“金の亡者”といわれる元愛人

サイゾーウーマンより】
 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 先日、ある国会議員の政治資金パーティがありました。「政治資金」というといいイメージはないかもしれませんが、政治資金規正法にのっとって集められるものであれば、国会議員が政治活動をする上で必要な活動資金として認められます。パーティは、支援者間の親睦会の意味合いもありますし、会場や規模はその国会議員の力の大きさを反映します。また、集客状況から、世間でどのくらい注目されているのかもわかります。

 この会費は、支援者や関係者が会場で払うか、事前に振り込む形式が一般的で、相場は都心のホテルで2万円、選挙区である地元は1万円程度です。しかし、先日行われたパーティの会費は、なんと5万円でした。普通はありえない額です。相場を知らない無知な秘書が設定したのか、ボスである議員が自分自身を買いかぶっているのか……。案内状の金額を見て、秘書仲間とびっくりしましたが、もっと驚いたことがありました。パーティで配られる記念品です。
続きはこちら

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • 企業・業界
  • ビジネス
  • 総合