こんな体型が気胸になりやすい

 そこで貴族探偵よろしく原因不明疾患の謎を、専門家筋の「見立て」から要約してみると……、胸郭や肺には成長速度の差があり、その差から過剰な圧が肺にかかるのでは、とする説が有力だ。

 あるいは、胸郭が縦方向に成長する際、背が高く痩せ型男性の場合は肺上部の先端部に強い(内外差のある)空気圧がかかるのではないか、と見る向きもあるようだ。

 相葉の例を見ると、最初の発症の際に「再発しやすい病気」と医者から告げられたとおり、9年後の11月6月、今度は「左肺気胸」と診断されて緊急入院を余儀なくされた。

 復帰当時の関連記事には、自炊を心掛けて発酵食品など「健康に気をつけて食べるようにしている」と語っている。

 しかし、2年前(15年4月開始)の相葉主演・月9ドラマ『ようこそ、わが家へ』の関係者コメントには、「一時は禁煙していましたが、現在は軽めのメンソール系を復活させているようです」との心配談もある。

大プレッシャーで再発のリスク

 2年後の現在、彼の喫煙の有無は不明だが、同記事では専門の呼吸器内科医が「喫煙=再発ではない」と前置きしつつも、気胸になりやすい体型の相葉に、「バランスのとれた食事と活動に見合った休息の確保です」と助言を寄せている。

 それが2年前の話と思えば、ヤキモキするファンも少なくないだろう。くりかえすが、現在34歳の彼は、発症率85%を占める「40歳以下の男性」真っ盛りの身である。

 このところ最低記録を塗り替え続ける「月9」。さらに、フジテレビが社運をかけた30周年記念作品ということで、なんとしてもコケられない――。このプレッシャーが、再発リスクを高めないともかぎらない。相葉さん、くれぐれもご自愛され、『貴族探偵』でさらにご活躍されることを祈ります。
(文=ヘルスプレス編集部)

※ 初出/健康・医療情報でQOLを高める「ヘルスプレス」

関連記事

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ