NEW

「教育熱心な親」が子どもを壊す?お菓子・キャラクター禁止の危険な落とし穴

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 では、「子どもに合った教育」「子どもが自発的に楽しめる教育」とは、いったいどのようなものなのか。

「私個人としては、教育方針というのは無理に決めなくてもいいと考えています。どうしても何か指針を持ちたいのであれば、『他人軸にならないこと』を意識すべきでしょう。たとえば、『人様に迷惑をかけない』『どこに出しても恥ずかしくない』など、他人の評価を軸にした子育てをすると、人の目ばかりを気にする大人になってしまいます。

 それよりも、『子どもがどうしたいのか』を考えるほうが、はるかに大事。そして、できれば、親はその子どもの思いを受け入れてあげてほしいですね」(同)

 教育熱心であること自体は悪いことではない。問題は、その熱心すぎる教育で子どもが苦しんでいることだ。当たり前の話だが、子どもは親の思う通りにはならず、親の所有物ではないからだ。
(文=中村未来/清談社)

●取材協力/作家・立石美津子

『1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

これでイライラしなくなる!6歳までの子育てアドバイス。親も子どもも幸せになる!「テキトー母さん」3か条。期待しない、比べない、あるがままを受け入れる。

amazon_associate_logo.jpg

『立石流 子どもも親も幸せになる 発達障害の子の育て方』

子どもに発達障害があっても、いつも前向きでいられる親は、何が違うのか――?

・その子に一番あった園、療育、学校選び

・才能の「温泉掘り」をしない

・こだわりには「とことんつきあう」覚悟で

・「自信を失わずいられる場所」を与えてあげる

・周りの人にどんどん助けを求める…

子育てで、親が必ずぶつかる様々な悩みを解決!

具体的なヒントが満載です。

amazon_associate_logo.jpg

「教育熱心な親」が子どもを壊す?お菓子・キャラクター禁止の危険な落とし穴のページです。ビジネスジャーナルは、ヘルス・ライフ、子ども教育森友学園問題育児の最新ニュースをビジネスパーソン向けにいち早くお届けします。ビジネスの本音に迫るならビジネスジャーナルへ!

BJ おすすめ記事